ホテルグレイスリー大阪なんばのSDGsの取り組み

WHGホテルズのSDGsの取り組み

ホテルグレイスリー大阪なんばでは「健全な憩いの場と温かいサービスを提供することによって、潤いのある豊かな社会の実現に貢献したい」という社是のもと、「環境に関する取り組み」などを企業としての 持続的成長に不可欠なものと捉え、進めてまいりました。
これらの取り組みは、持続可能な社会の実現を目指す「SDGs(持続可能な開発目標)」の理念に相通じるものです。

今後もホテルグレイスリー大阪なんばでは「SDGs」の達成に寄与できるよう、事業を通じて社会課題の解決と持続可能な社会の実現に努めてまいります。
共用アメニティ440

客室アメニティのプラスチック製品の利用削減

共用アメニティ440
ホテルグレイスリー大阪なんばでは、客室には籾殻(もみがら)バイオマス素材を使用した歯ブラシのみ設置しております。
【ハンドル材質に籾殻を配合しプラスチックゴミを約35%削減】

なお、カミソリ・ヘアブラシ・ボディタオル・綿棒・ヘアーキャップは2階ロビーのアメニティーコーナーにご用意しておりますので、必要な分のみお持ちください。
また、客室スリッパはビニールスリッパ(消毒済み)を客室に設置しております。使い捨てスリッパが必要な方は2階・アメニティーコーナーよりお持ちください。

■お願い■
ご旅行の際に歯ブラシをはじめとしたアメニティをご持参いただき、プラスチックゴミ削減にご協力いただきますようお願いいたします。

つくる責任、つかう責任 気候変動に具体的な対策を

エコメイク銀座バージョン

客室のエコ清掃の推進

エコメイク銀座バージョン
地球環境保護を目的とし、お客さまのご理解とご協力のもと、
ご連泊の場合、客室の「エコ清掃」を行っております。
清掃やクリーニングにかかるエネルギー使用量を抑えることで、
お客さまとともにCO2の削減に取り組んでまいります。
なお、お客さまのご要望により、「フル清掃」の対応も行っております。
○行うこと  タオル交換・歯ブラシ交換・ゴミ捨て
×行わないこと  客室内清掃・バスルーム清掃・ベッドメイク&シーツ交換

 

つくる責任、つかう責任 気候変動に具体的な対策を

プラスチック製ストローの廃止

プラスチック製ストローの廃止

プラスチック製ストローの廃止
世界的に問題となっている海洋汚染に対する取り組みとして、プラスチック製ストローを、紙製または生分解性プラスチック製ストローへ切り替えました。

 

つくる責任、つかう責任 気候変動に具体的な対策を

打ち水

地球温暖化対策

打ち水
地球温暖化やヒートアイランド現象の対策として、梅雨明けから立秋までの日没前に、正面玄関に打ち水を行なっています。




                    

                          

  1. ホテルグレイスリー大阪なんば
  2. ホテルグレイスリー大阪なんばのSDGsの取り組み